バイクを運ぶ

引っ越し作業をしている外国人

バイク輸送はバイクをトラックやトレーラーなどに載せて目的地まで輸送してくれるサービスです。主に大都市圏を中心に行われていますが、業者によっては電話1本で引取に来てくれるところもあります。 バイクの場合、運ぶ場合には自走させるか、自前で用意したトラックに載せて運ぶといったことが可能ですが、自走の場合には事故のリスクがありますし走行距離を伸ばしてしまうというデメリットがあります。またトラックに載せる場合も大型バイクなればなるほど、載せるのが難しいものです。また輸送のための費用として燃料費や高速道路代が必要になりますし、届けたあとの帰りの方法も考えなければならず、その交通費と時間を考えると輸送専門業者に頼んだ方が結果的に安くなる場合があります。

バイク輸送といっても、いくつかの種類があり、また料金も変わってきます。 基本的には近距離であっても基本料金は同じであり、隣町への輸送でも1万円以上するのが一般的です。この場合には自走で運ぶ方が安上がりですが、距離が遠くなればなるほど、交通費や燃料費などでは得になってきます。特に大都市圏間では、頻繁にバイク輸送が行われているので運賃も安めです。 なお、バイク輸送といっても、指定した場所から指定した場所へと運んでくれるサービスでは料金が高くなりますが、営業所拠点間であれば、料金はかなり安いというメリットがあります。そのため営業所拠点まで自走させるかトラックに載せて持ち込み、そこから運んでもらって、現地でも同じく引き取りにくることで費用を抑えてバイク輸送が行えます。